車の知識 車購入

シエンタのよくある故障は? CVT、スライドドア…

トヨタのシエンタといえばファミリー層に人気のコンパクトミニバンです。

地上から330㎜の低床&フラットフロアと3列シートを活かした広々シートアレンジ。

家族にうれしいたっぷり収納と人気のシエンタ。

そんなシエンタも故障で思わぬ大きな出費よくある話です。

『今現在乗っている車が故障した。修理はいくらかかる?』

という疑問にお答えします。

今あなたの車の相場がいくらなのか?修理費用や車検費用が高額になる場合には車の入れ替え、買い替えも検討するという選択も重要だと思います。

まずはあなたの車の相場を無料査定

 

メモ

車を買取に出す場合は修理しないままがいい!(そのほうがお得!)

 

シエンタのよくある故障個所とその修理費用を多数の中古車を見てきている中古車オークション会社社員の目線で解説します。

久留間はじめ
シエンタの故障しやすい箇所は?修理はいくらかかる?

シエンタの故障の多い箇所、修理費用は?

シエンタはトヨタの5ナンバーサイズの人気のミニバン。

初代は 80系(2003年~2015年)で2代目は170系(2015年~)

初代は 80系と2代目は170系それぞれ故障の多い箇所を説明します。

 

 初代80系シエンタの故障の多い箇所(発売期間2003年~2015年)

初代80系のシエンタは発売より10年~20年経過しており経年劣化で

いわゆる消耗する箇所の故障が目立ちます。

 

オイル上がり(エンジンオイル減る、白煙)

オイル交換したあとオイルが減る。走行時にエンジンから異音がする。

白煙が出る。これらの原因はオイル上がりの可能性があります。

オイル上がりとはエンジン内(ピストンとシリンダーの間の隙間)でエンジンオイルが燃焼室に入り込みガソリンと一緒に燃えてしまう現象です。エンジンオイルが燃焼することによって白煙が出ることも多く、特にアクセルを踏み込んでエンジンをふかすと白煙は多くなります。

ちなみに修理費用は軽微な部品交換であれば少額で済むの場合もありますが、エンジン載せ替えやエンジンを下ろしての分解修理となると部品代や工賃もかさむため数十万から100満万円以上になることもあります。

 

エアコン不良(コンプレッサー等)

夏場暑いときにエアコンをつけると生ぬるい風が・・・

原因は色々ありますが一番高くつく、そしてよくある故障がコンプレッサーの故障

コンプレッサーとはエアコンガスを圧縮するところで本体故障の場合部品代で7~10万円

工賃で2~3万円。そのほかエアコンガス代。10万以上かかるケースが普通です。

また、エバポレーター、ファンモーターの故障でも5万円前後かかるのが普通です。

 

 

 2代目170系シエンタの故障の多い箇所(発売期間2015年~)

2代目170系シエンタの初代80系にくらべ経年劣化は少ないものの、故障発生が目立つのは特にミッションCVTなどの駆動系が多いのが特徴です。

ミッションCVTの故障

経過年数、走行距離が比較的短くても意外とCVTの故障があります。

症状としては変則時のショック=停止状態(Pレンジ)からドライブ(Dレンジ)に入れると、なかなか加速せず一定時間たつと『ドン』と加速し加速までタイムラグがある。

クリーピング(アクセルをはなしていてゆっくりと進む状態)が起こらない。

アクセルを踏んでもなかなか反応しない。反応が鈍い。などが代表的です。

 

ミッションオイル(フルード)の交換で症状が改善することもあります。

ミッションオイル(フルード)の交換は4~5万㎞おきの交換が故障防止には有効だと言われていますがトヨタディーラーでは交換をオススメしていません。

ちなみにミッションオイル交換費用は7,000円~20,000円くらい・・・

 

正直、これで治るくらいなら軽傷でラッキーかもしれません。

怖いのはミッションオイル(フルード)を交換してもなおらないCVT本体の故障・・・

ディーラーに修理依頼するとアッセンブリ交換(CVTの周辺部品ごと交換)になります。

CVT交換の修理費用は約40万円前後!!!(寒気が・・・)

私の個人的な意見としては定期的なミッションオイルの交換をオススメします。

 

 初代、2代目問わず起こる消耗箇所の故障

初代80系、2代目170系にあげたものの他、共通して走行距離や経年劣化でどうしても消耗しやすい箇所はあります。消耗箇所だけに使用年数や走行距離によって複数の箇所が壊れてくるので注意が必要です!

 

セルモーター(エンジンをスタートするモーター)の故障

セルモーターは鍵をひねって(エンジンスタートボタンをプッシュして)回転音がするのがセルモーターでバッテリーでモーターを回してエンジンをかけるのが役目です。

最近の車はアイドリングストップ(ECOアイドル)機能付きの車種が増えてきているので、信号待ちなどで信号待ちなんかで車を止める度にエンジンストップ。発進時にエンジン始動と、頻繁にエンジンの始動が行われるためセルモーターの消耗が激しく、以前より頻繁に故障する箇所になってきています。

 

エンジンがかからないとき、鍵をひねって(エンジンスタートボタンをプッシュして)回転音が止まる場合やカチカチカチ、タタタタタ…と音がする場合はまずバッテリー切れを疑います。

バッテリーが有るかどうかの確認方法はクラクションを鳴らしてみてください。

音が『プワァ~』と鈍い場合や音がしない場合はバッテリーが弱っていて十分にセルモーターが回せない状態です。ブースターケーブルで救助をしてもらってください。

全く音もしない場合はバッテリー不足に加えてセルモーターの故障が考えられます。

セルモーターの交換費用は3~5万円くらい。

 

オルタネーター、ダイナモ(発電機)の故障

オルタネーター(ダイナモ)は発電機でエンジンが回っているとき発電しバッテリーに充電することが役目です。つまり故障するとバッテリーに充電がされないために、バッテリーがすぐに上がってしまい電気系統が使用できなくなります。完全に故障しバッテリーがなくなるとセルモーターも回らなくなるためエンジンもかからない状態に陥ります。早めに修理依頼をしましょう。

修理費用は修理交換で1万円ほどのことが多い。

 

電動格納ミラーの故障

壊れると意外と高くつく電動格納ミラー…

症状としては格納スイッチを押しても全く反応しない。または『ガーガー』」と音はするが格納しないといった症状があります。内部のモータの故障やギアのズレなどが原因ですが、この場合アッセンブリ交換(ミラー丸ごと交換)になることが多いです。最近の車はヒーター内蔵やウインカー付きなどもあり多機能。また、自動格納の車種も多くなり故障の頻度も多くなる傾向にあります。

交換費用は片側で3万~7万円もかかってしまいます。

 

電動スライドドア(パワースライドドア)の故障

荷物で手がふさがっていてもボタンひとつでドアオープンのものや足元のセンサーで自動オープンするもの、離れたところからリモコンで操作できるものなど、装備している車種も増えてますます便利になってきていますが、便利な反面故障すると高くつく電動スライドドア(パワースライドドア)。

使用頻度が多いだけに部品が消耗し故障も多い箇所です。

 

電動スライドドア(パワースライドドア)故障の原因はだいたい3つ。

ゴムパッキンのゴムの劣化によりレールにゴムパッキンが挟み込まれて動かなくなったりドアがが完全に閉まらなくなる。

ヒューズが切れていてモーターに電気がいかないためモーターが回らず動かない。

この2つは比較的安く修理できヒューズ交換は数千円~1万円。

ゴムパッキンの交換でドア1枚1万円~2万円。

 

最も費用がかかり発生数が多いのがモーターの故障!

メインモーター、ワイヤー等の交換で5万円~15万円!

 

カーナビ等の故障

カーナビは今や自動車にとって当たり前の装備となっていますが使用頻度が高く精密電子機器のため故障するケースが多くあります。

故障といっても、タッチパネルが反応しない、画面が映らない、画面が真っ白、電源が入らない、音がしない、CDが聞けない、フロントパネルが開閉しない等々…症状は多岐にわたりますが、カーナビの修理はカーナビ本体を車から取り出してメーカーに送って診断してもらうことがほとんどです。

 

ここでまず発生する費用は

車からのナビの本体の脱着で約1万円。

メーカーに送っての送料+診断料で5千円~1万円。

故障部品の交換で1万円~5万円(高性能パネルやHDDなど費用がかかります)

合計すると3万円~8万円以上することもあります。

シエンタのリコール情報

久留間はじめ
いろんな故障があるし結構お金がかかる修理も多いね💦
もし故障個所がリコール、改善対策、サービスキャンペーンの対象の場合は無料で修理や部品交換してもらえるんだよ✨まず対象車か確認してみよう!
豊田ミノル

リコール

リコールとは、同一の型式で一定範囲の自動車等又はタイヤ、チャイルドシートについて、道路運送車両の保安基準に適合していない又は適合しなくなるおそれがある状態で、その原因が設計又は製作過程にあると認められるときに、自動車メーカー等が、保安基準に適合させるために必要な改善措置を行うことをいいます。

改善対策

改善対策とは、リコール届出と異なり、道路運送車両の保安基準に規定はされていないが、不具合が発生した場合に安全の確保及び環境の保全上看過できない状態であって、かつ、その原因が設計又は製作過程にあると認められるときに、自動車メーカー等が、必要な改善措置を行うことをいいます。

サービスキャンペーン

サービスキャンペーンとは、リコール届出や改善対策届出に該当しないような不具合で、商品性・品質の改善措置を行うことをいいます。

引用:国土交通省リコール・不具合情報

リコールは放置しておくと重大事故につながる可能性があり、リコール修理を済ませとないとクルマは車検を通すことができない。リコール通知の手紙がきたら、すぐにディーラーに連絡し修理を済ませましょう。

改善対策とサービスキャンペーンは、未修理でも車検は通る。

しかし、不具合が発生した場合に安全の確保及び環境の保全上、問題がある場合や事故などの危険性はないが、不快な思いをする可能性があるので早めにディーラーに連絡し修理してもらおう。

リコール対象車かどうかを調べる

今乗っているシエンタがリコール対象車かどうかを調べるには、車にある車台番号や車検証に記載されている車台番号を「トヨタリコール検索」に入力し簡単に調べられます。

シエンタのリコール事例

ここでは実際のリコール事例を紹介するよ
豊田ミノル

※出典:消費者庁リコール情報サイトhttps://www.recall.caa.go.jp/

をもとに車買取教室編集部が作成

-車の知識, 車購入

© 2021 ミノルの車買取教室 Powered by AFFINGER5